テストページ

このページはテスト。

富士山について

標高
3,776m
所在地
静岡県:富士宮市、裾野市、富士市、御殿場市、駿東郡小山町
山梨県:富士吉田市、南都留郡鳴沢村
山系
独立峰
概要
富士山についての最も古い記録は『常陸国風土記』における「福慈岳」という語であると言われている。他にも多くの呼称が存在し、不二山もしくは不尽山[注釈 6]と表記する古文献もある。また、『竹取物語』における伝説もある[注釈 7]。「フジ」という長い山の斜面を表す大和言葉から転じて富士山と称されたという説もある。近代以降の語源説としては、宣教師バチェラーは、名前は「火を噴く山」を意味するアイヌ語の「フンチヌプリ」に由来するとの説を提示した。しかし、これは囲炉裏の中に鎮座する火の姥神を表す「アペフチカムイ」からきた誤解であるとの反論がある[注釈 8]。その他の語源説として、マレー語説、マオリ語説[9]、原ポリネシア語説がある。
明確に「富士山」と表記される過程においては駿河国に由来するとするものがあり[10]、記録としては都良香の『富士山記』に「山を富士と名づくるは、郡の名に取れるなり」とある。

風通のもじと違う?比較のためのディスクリプション。

引用文のスタイル

富士山(ふじさん、英語: Mount Fuji)は、静岡県(富士宮市、裾野市、富士市、御殿場市、駿東郡小山町)と、山梨県(富士吉田市、南都留郡鳴沢村)に跨る活火山である。

標高3776.12m 日本最高峰(剣ヶ峰)の独立峰で、その優美な風貌は日本国外でも日本の象徴として広く知られている。

数多くの芸術作品の題材とされ芸術面のみならず、気候や地層など地質学的にも社会的に大きな影響を与えている。

懸垂曲線の山容を有した玄武岩質成層火山で構成され、その山体は駿河湾の海岸まで及ぶ。

Wikipediaより引用

見出しその2の見出しその1

A Royal Dutch Shell oil-drilling barge that ran

補足情報を表示

補足説明

補足ので説明が必要な場合に使うスタイル

疑問に対する説明

疑問を持たれそうな内容に対する補足説明を記述するスタイル

注意文、警告

注意事項、警告や警戒を促す場合に使うスタイル

小見出し

見出しその2の見出しその2長いながいながいながいながいながい

見出しその2の見出しその2

タイトルとURLをコピーしました